メディア出演実績のある訓練士が、、
生後たった5ヶ月の愛犬も自らトイレに、、

あなたは犬のしつけで

こんな間違いをしていませんか?

実際にたった4回のレッスンでワンちゃんをお利口さんにするプロの方法を 10日間のメール講座で無料プレゼント!

*メールアドレス
*お名前    
 
注意!これを読む前に、「しつけしよう」なんて考えちゃいけません
 
  • なぜ、犬のしつけに主従関係を用いるとうまくいかないのか?
  • なぜ、噛みついてくる愛犬に、噛みつきのしつけをするとうまくいかないのか?
  • どれだけしつけをしても愛犬の問題が再発して悩む多くの人と、短期間でも愛犬がどんどんお利口さんになるごく一部の人との違いは一体なんなのか?
これらの事は、犬のしつけの中ではちょっとした小さな問題です。 もっと大きな問題に比べれば、、それは・・・
 
 
犬への愛情の掛け方を間違えている・・・
 

と言うことです。

 

これは大きな問題です。と言うのも、「インターネットやしつけ本の内容は嘘だから」です。

 

犬のしつけに関する本やインターネットではよく、犬が良いことをしたら褒めてください。悪いことをしたら、無視をするか、叱ってください。というように書かれています。

 

また、その本やインターネットには、撫でたり、いい子だねと声を掛けたり、抱き上げたり、おやつをあげたりして褒めることが、愛情を掛けることであると書かれています。しかし、そのほかにほとんどの飼い主が知らないうちに日々、愛情を掛けていることがあります。

 
   
それは、「犬の名前を呼ぶ」ことです
 

実は、こんな当たり前のことも愛情の掛け方なのです。なぜなら、犬の名前を呼ぶだけで振り向いたり、しっぽを振ったり、あなたの元へ寄ってきますよね。それだけ、犬にとって名前を呼ばれることはうれしいことなのです。ですが、いざ、悪い行動をしている犬に、しつけを施す場面になると名前を呼んで犬を諭しているのです。

 

あれっ?思い出してください。

 
「犬が良いことをしたら褒める(愛情を掛ける)」ということを。
 
だから、
 
  • トイレをいつまで経っても決められたところでできない
  • 人や犬、インターフォンの音を聞くと吠え続けてしまう
  • 手や足を噛まれてしまい、流血するような痛い想いをして、愛犬のことが怖くて仕方がない
このように、犬への愛情の掛け方を間違えてしまえば、愛犬の望ましくない行動は助長されてしまい、さらに悩みは深刻になってしまうのです。
 
 
「上手くいくしつけとダメなしつけの違い・・・」
 

犬のしつけを実践して上手くいく人も、何度も何度もしつけを実践しても上手くいかない人も愛犬とストレスなく暮らしたいという思いは同じです。 愛犬を迎え入れるときに思い描いていた暮らしはどちらも楽しく幸せなものだと思います。何が両者の違いを生み出すかというと犬のしつけの間違いを知っているかどうかです。

 

上手くいく人は、常にしつけの間違いに気をつけながら実践して努力します。

 

一方、上手くいかない人は、このメール講座「犬のしつけの真実」でお伝えしている間違いを知らずに実践してしまい、知らぬ間に愛犬を誤った方向に導いてしまっているのです。

 

このメール講座の最もいい所は「犬のしつけの真実」のタイトルにあるように、ペット業界や犬のしつけの間違いを暴き、それを理解し、実際に実践したクライアントが成果を出している言う事です。

 

感動体験アンビリーバボー出演実績のあるドッグトレーナーがペット業界の闇を暴露した「犬のしつけの真実」なのです・・ 例えば、、、

 

このメールでお伝えしている内容を一部紹介すると

 

日本のペット業界のウソ
 

なぜ、日本では犬との暮らしで悩む飼い主が多いのか?それは、ペットショップでよく言われている『ウソ』が原因です。その『ウソ』を鵜呑みにしてしまったがために、犬との暮らしで悩む飼い主が増えています。 日本のペット業界に隠された真実がわかり、なぜ、犬との暮らしに悩まずに快適な暮らしを送っている人がいるのかをお伝えしています。それらを知ることで、より短時間で効率的に、より簡単に愛犬をしつけることができます。最終的にストレスない快適な毎日を送れるようになります。

 

 
インターネットや本、雑誌のしつけでうまくいかない理由
 

犬のしつけを始める時、まず調べるのは、インターネットや本・雑誌ですが、これらによく載っている 『主従関係』を築いたところでうまくいきません。『犬のしつけには主従関係が大切』というのは大きな間違いです。 犬のしつけに本当に大切な犬との新しい関係性をお伝えしています。

 

 
犬のしつけでいちばん大切なこと
 

犬のしつけを始めるときの考え方はとても重要です。間違った考え方をしていると愛犬の問題は再発し、治るものも治りません。この考え方は犬のしつけ、もっと言えば、犬との暮らしに大切な考え方です。その考え方を身につけることで愛犬との暮らしのストレスが軽減されます。

   

 
問題行動に合わせたしつけを選ぶと悪化する理由
 

犬のしつけ法はたくさんあります。 正しいしつけ方法を選ぶ時には、問題行動に合わせたしつけ方法を選んではいけません。 ストレスなく愛犬と良好な関係を築けるしつけ方法選んでください。さもないと、 愛犬はお利口さんにならずに帰ってきます。

 

 
簡単なしつけサービスには、盲点になっている重大な欠点がある
 

愛犬との暮らしをストレスなく快適にするためには、愛犬をお利口さんにするだけでは不十分。“飼い主”と愛犬の関係が改善されない限り、問題が解決されることはありません。関係改善に重要なことをお伝えしています。

   
*メールアドレス
*お名前    

 

お客様の声・感想

*個人の感想です。効果には個人差があります。
 
お出かけの前にトイレをしてくれるように なったのでとても安心です

 
T.N様
アンジーちゃん
(ミニチュア・ダックスフンド)
 

初めての室内犬飼育に飼い始めたもののわからない事だらけでネットで情報を見たり、本を買ったりして自己流でやってみてもうまくいかずどうしたらいいのか…と思っていたところネットでONECLさんを知りました。 お試しができるとあったので連絡を取り来ていただきました。

 
一番困っていたのはトイレのしつけがうまくいかない事でしたが、犬に合った教え方、失敗した時どうするか等具体的に教えて頂き、根気強く実行した所失敗もなくなりました。その他にもできる事が増えて犬とのコミュニケーションの取り方、犬の気持ちの読み方などたくさん知ることが出来て犬のいる生活を本当に楽しめるようになりました。
 

〝犬のしつけ・訓練〟と同時に〝飼い主としてのしつけ・訓練〟だったと思います。 山岡さんが来られると犬がしっぽを振りながらも絶対従順なる姿に〝すごいな〟といつも感じました。

 
 
散歩もちゃんとできるようになり、 トイレも合図で指定した場所でするようになりました

 
K.M様
虎太郎くん 
(柴犬)
 

今までは、散歩もまともにできないような状態から始まり、どうしたらいいかわからなくてお願いしました。毎回のレッスンで教わったことを日々根気よくやっていくことにより、散歩もちゃんとできるようになり、トイレも合図で指定した場所でするようになり、物をこわしてしまうこともリードで注意すると、あきらめてくれるようになりました。

 

今後は今まで教わったことを継続して、よりコタローとの楽しい生活を送れるように頑張りたいと思います。ありがとうございました。

 
 
家族の絆もより深まり、プリンは扱いやすい子に 大きく変化したと思います

 
近藤真理様
プリンくん
(チワワ)
 

山岡さん、1年間プリンのしつけをしていただき、ありがとうございました。はじめて室内犬を飼いしつけの難しさに戸惑っていたところ、山岡さんのホームページを見付けて、月2回で1年間というペースが自分には合っていると思いお願いすることになりました。

 

最初のプリンは、山岡さんを吠えまくってちょっとしたことで噛み付いたり本当に手のかかる子だったと思います。それでも根気強くプリンと接して下さり、私達家族にもその都度どう対応したら良いかを丁寧に指導してくださり、徐々にプリンに変化が見られる1年間だったと思います。次第に山岡さんとプリンにも信頼関係が出来、後半はプリンは山岡さんが来るのを楽しみにしているように感じました。

 

信頼関係の大切さは私達家族にも教えて下さり、プリンと家族の絆もより深まり、プリンは扱いやすい子に大きく変化したと思います。山岡さんと出会ってプリンに対する愛情がより深まったと思います。犬が本当に好きなんだなと感じる山岡さん。これからも沢山のわんちゃんを幸せにしてあげてください。

 
 
散歩も「苦」にならなくなり、 お願いして良かったと本当に感謝しております

M.A様
ラブちゃん
(グレートピレニーズ)
 

ケガをして「しつけ」をお願いしました。 正直、うちの犬は無理だろう、たいして良くならないだろうと思っていました。 始まって接し方から色々教えて頂いているうちに、変化していくのがわかって周りからも 「変わった、目つきも変わった」と、言われるようになり、散歩も「苦」にならなくなりお 願いしてよかったと本当に感謝しております。

 
 
犬とのコミュニケーションが上手くとれる様になりました
H.Y様
オナラのプーくん
(トイ・プードル)
 

衝動的に仔犬を買ってしまい、飼い方・育て方が分からず途方に暮れていた私に、分かりやすく時に厳しく犬への接し方を教えて頂きました。

 

犬の動作の意味(気持ち)を説明して下さることで、犬とのコミュニケーションが少しずつ上手くとれる様になりました。それ迄自分本位だった生活が、先生の指導をうけるにつれ犬中心のライフサイクルに徐々に変わってきました。

 

短い寿命だからこそ、限られた時間を犬とうまくつき合っていくことをたくさん教えて頂きました。唯一の不満は、うちの犬が私より先生のことが大好きなことかな。それでも先生との出会いは私にも犬にもhappyだったと言えます。

 
 
コソコソとすることなくもなく 楽しく過ごすことができています
 

 
S.R様
海丸くん
(M.シュナウザー)
 

私たちは初めて仔犬を家族に向かい入れ、可愛くて仕方なく、仔犬のためにと考えていました。成長期でありご飯への執着がすごく、ご飯を準備する間中ずっと吠えている状態でした。そのため、私たちは、仔犬がご飯を食べている間に、次の分のご飯をお風呂場できづかれないようにコソコソと準備していました。少しでもご飯の匂いがすると吠えるため必死に隠していました。

 

ONECLの山岡さんへご相談し、ご飯をあげる風景を見ていただきました。すると仔犬中心になっていることをご指摘いただき、クレートに入れて待てをさせるという適切な対処方法を教えていただけました。始めは5分程度ほえていましたが山岡さんにその都度ご相談させていただき、根気よく適切な対処方法を続けました。 今ではご飯の準備を始めると自らクレートに入りおすわりして待つことができるようになりました。

 

私たちはどのような行動をして良いのかインターネットなどの情報を確認していましたがどの方法良いのかわからず混乱し、間違った方法を行なっていました。そのため、仔犬も間違った行動を行なっていました。山岡さんへご相談し適切な方法で接することでコソコソとすることもなく楽しく過ごすことができています。山岡さんは、メールなどでいつでもご相談することができ、本当に心強く安心して過ごすことができています。

 
 
ものすごい変化です。ものすごい感動です!

 
T・H様
サンバくん
(柴犬)
 

年齢とともに気難しくなってきた柴犬の男の子(7歳)になんとか昔のようにフレンドリーなワンコになってほしく四苦八苦しておりました。何よりマズルを着けるのも嫌がるようになり病院へ連れていくのも大騒ぎ。

 

そんな折、インターネットでワンクル先生を発見し、是非一度みていただけないかとお願いしました。始めは先生にもガウガウしてましたがトレーニングの4回目のレッスンが過ぎた頃からなんと何の抵抗もなくマズルを嫌がらずに装着することに成功したのです。 ものすごい変化です。ものすごい感動です!ありがとうございます。心から感謝しております。

 
講師:山岡慎(やまおかまこと)
神奈川と東京を拠点に5年間に渡り、お客様のお宅に訪問して家庭環境からくる犬の問題行動の改善に尽力している。
 
メディア出演実績として
「感動体験!アンビリーバボー~わんこの奇跡の贈り物 [DVD]」がある。
 
愛犬のトイレのしつけや落ち着きのない犬、噛み犬のしつけを出張しつけで解決しているドッグトレーナーの山岡 慎がインターネットや本では決して語られていない実際にしつけのレッスンでお伝えしていることを期間限定で無料プレゼント致します。
 
 
特定商取引法に関する表記 プライバシーポリシー